天満神社あじさい神社紫陽花アジサイ神社魔除けの神社魔除け天神

若狭野の天神さん、あじさい神社の愛称で親しまれている
若狭野天満神社(わかさのてんまんじんじゃ)は、兵庫県相生市
若狭野町(あいおいしわかさのちょう)の国道2号線沿いの山上
に鎮座し、
菅原道真(すがわらのみちざね)【文武両道の神】及
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)【天照大神の御子】
の二神を祭神としてお祀りする神社(天満神社)である。

当神社に咲く“あじさいの花”が有する魔除け・厄除けの御力
により、魔除けの神社「魔除け天神」(まよけてんじん)として
も知られている。

天満神社の本殿脇には、海(水)の神様である少童命(わたつみ
のみこと)をお祀りする
龍王神社(りゅうおうじんじゃ)【若宮】
が鎮座し、商売・金財運、勝負・武運、家運・子孫繁栄の神様と
して崇められている。

魔除け厄除け神社
厄除け魔除け神社
相生若狭野天満神社
神社の境内、周囲の山林には、ホンアジサイやガクアジサイを始めと
する、青・紫・赤・白色等の色鮮やかな紫陽花が毎年その花を咲かせる。
閑かな山の中の神社に咲く紫陽花は、他とは違った風情があるという
ことで、遠方からも多くの参拝者が訪れる。

近年、あじさい神社と並び、魔除け天神(魔除けの神社)としても広く
知られるようになり、
車祓い・交通安全祈願、厄除け・魔除け祈願、
病気平癒祈願、安産祈願、初宮・七五三、合格祈願、工事安全祈願、
地鎮祭など、
魔除け天神・あじさい神社の強い御神霊力による御利
益・御加護に肖るべく、様々な祈願に訪れる人が多い。
あじさいの季節以外にも、一人静かに自分と向き合い、心の魔を祓う
べく「魔除け参り」に訪れる人も多い。

先の改修工事において、拝殿までの参道がバリアフリー化され、高齢
化社会のニーズに対応している。

若狭野天満神社は、あじさいだけでなく、紅葉や桜、鶯や山鳩といっ
た種々の鳥、蝉など、四季折々の自然が満ち溢れており、神社の厳か
な雰囲気と相まって、訪れる人の
心を癒してくれる。