龍王神社(若宮)

 龍王神社(若宮)は、天満神社の本殿脇(西側)に鎮座し、

 少童命(わたつみのみこと)が御祭神として祀られている。

 少童命は、海、水の神様である龍神(龍王神)である。




龍王神社は、このように水の神様であることから、降雨祈願・五穀豊穣、

ひいては
富貴繁栄(金財運向上・商売繁盛)を願う神様として崇められ

ている。

また、龍(蛇)が、秘めた強い生命力・繁殖力を持ち、天に昇る勢いで

困難を打破し運を切り拓く力を持つ象徴であることから、
勝負運・武運、

家運隆盛・子孫繁栄
を願う神様としても崇められている。

龍王神社の社号標

りゅう おう

龍王神社

< 龍王神社と龍神(竜神) >

龍王神社の龍神

◆ 龍神玉守り ◆
龍神(蛇)の御守り

龍王神社・龍神−若狭野天満神社の若宮