魔除けの剣は、" 心の魔を祓う剣 " でもある。


<剣の奥義>

魔と対峙し、魔と戦おうとしてはいけない。

決められた世界があって、
その世界の中に、あなたが存在し、魔がいて、
あなたはその魔と戦う・・・
そんな風に思ってませんか?

そうではない。
その魔も含め、この世界の全ては、あなた自身が生み出す世界。
あなたこそがこの世界の主。主導権はあなたにある。

自分=世界
これを忘れてはいけない。


魔とは、わたしたちを騙し、その真実を巧妙に覆い隠すもの。
あなたの奥底に光(世界を変え動かす神と同じ力)を閉じ込めているもの。


魔除けの剣は、
その騙しの邪念を断ち切り、覆いを切り開いて、
真実に目覚めさせてくれる。
閉じ込められた光を取り出し、世界を輝かせてくれる。


そのとき、魔は、魔でなくなり、
逆に、あなたに大きな恵みをもたらす幸運に転じるのです。


心に魔が生じたと思ったら、この魔除けの剣を思い出してほしい。


魔除けの剣は、いつもあなたの心とともにある。

神の剣・剣の舞~魔・邪念を断ち切り運を切り開く祓いの太刀魔除けの太刀
魔除け剣・鉾・矛・太刀(つるぎ・ほこ・たち)-天神の剣

まよけ の つるぎ

魔除けの剣

ー 魔を断ち切り 運を切り開く 天神の剣 ー


令和元年 十一月吉日 「魔除け天神」の社号標奉納
斬魔刀-魔を祓う神の刀剣
神剣で浄化-悪運気悪縁邪気関係を断ち切る打ち祓う神社
魔除け石碑
魔除けの剣-魔除け天神の社号標
魔除けの剣から若狭野天満神社HPへ戻る
悪縁断ち切る縁切り神社
昼の心の魔を祓う-魔除けの剣
夜の心の魔を祓う-魔除けの剣
いつも心に懐刀を~光を取り戻すために
銅剣鉄剣・銅鉾・矛・戈・鋒・戟-青銅器鉄器弥生時代古墳時代
"魔除け天神"の書字が刻まれているこの社号標(石碑)
の表面には、剣(つるぎ)の形の模様が入っています。

これを造る際、石を切断すると、その切断面に、剣
(鉾・矛・太刀)のような形の染み模様が現れました。

古墳時代などの古代の遺跡から出土した銅剣(銅鉾)の
ようでもあり、伊邪那岐・伊邪那美の神様が国生み
したときの天沼矛(あめのぬぼこ)のようでもあります。


この石は、悠久の時を経て自然が偶然に創り出したものなのでしょうけれど、
その偶然こそは、若狭野天満神社-魔除け天神と結ばれるご縁の必然であり、
この神社に来るべくして来た神の石(意思)なのでしょう。
心の魔、祓えてますか?-闇夜に耀く暗闇を照らす魔断ちの神太刀
魔除け天神の魔除けの剣・魔切り魔斬りの太刀
心の魔を祓う剣鉾矛-魔除けの奥義秘儀