魔除け参り

心の魔、祓えてますか?  魔除け参り - 魔除け天神

心の魔を祓う 魔除け参り-魔除け天神

魔除け・・


魔を除けるとは、

穢れ(ケガレ)を祓うこと。



穢れとは?





人は、自分の思い通りにならないとき

周囲のせいにしてしまう。


あの人が悪いから、条件が悪いから、

境遇が悪いから、運が悪いから…



そして、怒り、悲しみ、閉ざす。











自分はこんなに〜しているのに、
どうして分かってくれない、


自分はこんなに〜しているのに、
どうしてうまくいかない、


自分は〜なのに、どうして・・






自分とこの世界(他人、物、環境…自分以外
の全て)を分け隔てて考え、


その世界が自分の思い通りにならないことに
怒り、憂い、嘆き、


我よ、我よ、 と“我”の心に支配された状態、
その心の状態が、「穢れ」。





自分こそがその人を変えられる(変えたい)、

自分こそがその状況を変えられる(変えたい)、

自分こそが世界を変えられる(変えたい)、

自分こそが・・・と思う、


そのエゴの気持ちが、「穢れ」。






本当は、自分さえも自分ではない。

みんな、自分(我)というものが存在していると
思っているだけ。



そこに気づかない限り、世界は変わらない。



自分と世界(自然)を分け隔てて、
我よ、我よ、と思っている限り、

世界は変わらない。




自分はこの世界(自然)と同じ。


自分 対 世界 ではなく、

自分 = 世界。



自分 = 世界 って?





あなた自身の体も含め、この世界の全てを
創り出しているのは、

他ならない、あなたの「心」であるということ。



あなたの心のありようそのものが、
あなたの世界の全て。

良い事も、悪いことも、全て
あなたの心(意識)が映し出したもの。



あなたの現実を創っているのは、あなた自身。





なので、

誰かのせいではない。

条件のせいではない。

境遇のせいではない。

運のせいではない。



全てが、自分のせい。






もう、そろそろ、

自分が創り出した現実に、

自分で一喜一憂するのをやめませんか?





“我”に生きている人は、

本当の意味で、自分を愛せていない。



なぜなら、(自分が創り出した)世界と対峙し、

それを変えようと格闘しているから。




世界=自分であるのに、その世界と対峙する
ということは、

自分を受け入れ許せていない、愛せていない
ということ。


それは、自分で、自分の現実を愛せないものに
していることと同じ。





自分を愛するということは、

自己中心的に自分のことだけを考える
という意味ではない。


自分をいたわり愛してあげる気持ちを通して、

世界を慈しみ愛すること。





我よ我よというエゴを手放し、


この世、この自然の中で、

自分は“生きている”のではない、

“生かされている”のだという謙虚な気持ちで
(自然=神を畏れ敬う気持ちで)、

この世界の全てに対し、やさしさと
深い感謝の心をもつこと。





その心こそが、


穢れを祓い、魔を除ける。


そしてあなたの現実を変える。







魔除け参りは、


その心を取り戻すためのお参り。


その心に気づくためのお参り。