あいあい干支絵馬の「あいあい」というのは、日本古来の大和言葉です。
「相合い/相相」と表し、” 仲良くみんなで一緒に ” という意味があります。

みんな仲良く協力して一緒にがんばれば、なんでもできるよ、
という思いを込めて、あいあい干支絵馬と名付けました。

   会いに来てください。
トラさんが、いっぱい元気をくれますよ。

絵馬は、この場所に1年間掛けてありますので、
ご参拝の際には、是非、観てあげてくださいね。
園児の皆さんは、
今年の干支(丑)と
来年の干支(寅)の二手に分かれて、
掛け合いとともに、干支の引き継ぎ式を行いました。


 ウシさん : 「ウシさんは、元気にすごせたよ、
                 よろしくモ~!


 トラさん : 「まかせてガぉ~
          来年は、トラさんが、がんばるね


園児たちは、自分の家にある “黄色いもの” や “黒色のもの” を持ち寄り、
それを上手く貼り付けてこの寅を作りました。

令和3年 12月13日に、

地元、矢野川幼稚園の園児のみなさんが

立派な干支の絵馬を奉納してくださいました。


いつまでも見ていたい、そんな愛くるしい「寅」の絵馬です。 

寅の背後には、天満神社の梅の花も描いてくれました。

干支絵馬奉納から若狭野天満神社HPへ戻る

あいあい干支絵馬の奉納

園児のみなさん、そして園児を見守り導かれている先生方、
親御さん保護者のみなさん、関われる皆様方に、
益々の御神徳がありますように。

ありがとうございました。

「 わっしょい、わっしょい 」 のかけ声とともに、
絵馬を持って、お宮の坂を登ってきてくれました。